医学部受験と予備校選びについて

合格できる方法の模索

でも、どうしても受験したいということと、厳しいことは自分でもわかっているといっていたので、それからは、合格できる方法の模索をはじめました。
ただ時期が高校2年といとで一般的に医学部を目指すのは遅い時期にはいっていたので、予備校選びを真剣に考えはじめました。
そのため友人で医学部に入ったという友人を探して、どこの予備校にいっていたのかを聞いたり、どのような勉強をしたらいいのかなど、質問攻めにしたのを覚えていました。
予備校は、ある程度絞り込んでから、体験授業をさせてもらいました。
その中でも選んだ予備校は、合格実績が高いということと、教えてくれている先生方がプロということと、受験生に対する心のフォローなどもしっかりとしていることを理由で選びました。
結果としてその予備校を選んでよかったと思います。

息子が医学部に受験をしたいと言い出した | 合格できる方法の模索 | 現役で医学部に合格できた